寝屋川市(香里園)の若手税理士

寝屋川・枚方・交野を中心に大阪近郊で活動している原島税理士事務所です

個人・法人のお客様への税理士顧問業務・申告業務を中心としつつ、管理組合向けに独自のサービスを提供しております。

☟下記画像クリックで別ページにリンクしています。

事務所案内

原島税理士事務所は、マンション管理組合と不動産業の知識に強みを持つ事務所です。

他の事務所同様に個人・法人の税務顧問業務を中心としたサービスを提供させていただいておりますが、他の事務所にない独自事業として管理組合向けサービスを提供させていただいております。

私はこれまで税理士事務所の勤務と商社系大手管理会社での会計責任者として会計・税務一筋の実務を経験してまいりました。

通常の個人法人の税務はもちろんのことですが、他の事務所との最大の違いは不動産管理とマンション管理組合に対する専門知識にあります。

2020年には私が執筆したマンション管理組合の税務論文が公益財団法人租税資料館の名誉ある賞を受賞いたしました。

https://www.sozeishiryokan.or.jp/award/029/index.html

受賞論文は → https://www.sozeishiryokan.or.jp/award/029/z_pdf/ronbun_2020_14.pdf

受賞論文は、国立国会図書館や全国の大学等研究機関に蔵書される予定です。

マンション管理組合は、区分所有法・マンション管理適正化法や管理規約など、様々な縛りがある団体ですが、税理士の中でこれらの全てに精通している人間はごく僅かであると考えられます。

これらの知識が強みですので特に枚方・寝屋川・交野で不動産所得がある方、不動産業を営む方には質の高いサービスの提供が可能です

また、マンション管理組合の会計でお困りの際は、全国問わずぜひ原島税理士事務所にご相談ください。

原島税理士事務所
税理士 原島 雄大

原島税理士事務所の3つの強み

特徴① マンション管理組合の実務に特化

商社系大手管理会社で会計責任者として7年間務めておりましたので管理会社と管理組合の会計実務に精通しています。

税理士として区分所有法、標準管理規約などの関連法や専門知識などに精通している人間は数少ないでしょう。

また、専門知識があったとしても、管理会社社内での慣習などを知っている人間は私以外にはいないでしょう。

このような経歴から、私は専門家として管理組合と管理会社の間に立って業務を行うには最適であると言えます。

適正な管理組合の運営を行うため、また、収支改善を行うためにも、専門家への業務委託をご検討ください。

この知識に関連して、当事務所では不動産業の業種に質の高いサービスの提供が可能となっております。

特徴② 20~40代の社長に特化

税理士の平均年齢は”65歳”と言われています。

税理士の高齢化が進んでいる中、若手の税理士が開業登録するケースが減ってきているのが実情です。

具体的には、30代以下の税理士は税理士の中で約10%しかいないと言われています。

これから起業する方は20~40代の方が中心かと思いますが、年の離れた税理士とはなかなか踏み込んだ話がしにくいかと思います。

その点、私は昭和56年生まれで、これから人生折り返し地点といったところです。

若いあなたの残りの人生について、営業・経営に専念できるようサポートさせていただきます。

特徴③ 代表の原島が直接対応

一般的な事務所では、契約時までは代表の税理士が社長とお会いし、契約後は”担当者(無資格のスタッフが大半)”が窓口となります。

私も税理士事務所での勤務時は、社長様の担当窓口となり申告までの全てを対応させていただいていました。

代表の税理士と話をして、話が合いそうだと契約を決めたものの、その後無資格の新人スタッフが担当になったり、担当スタッフが辞めて担当変更があったりという話をよく聞きます。

実際に私も後任に引継ぎはしているものの、5年間で2つの税理士事務所を離職していました。

当事務所では高品質なサービスを維持するために、顧問契約後も、節税・資金繰り・経営の相談など意思決定が必要なご相談については代表の原島が対応いたします。

お気軽にお問い合わせください。072-395-4893受付時間 9:00-18:00 [ 土日祝除く ]

お問合せはこちら お気軽にお問い合わせください
MENU
PAGE TOP